上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サワディーカップ。
プーケットに住んで何回ビザの更新をした事だろう?正直昔はビザ無しで不法就^^;
やっとゲットしたマルチのノンイミグラント-B。
でもなくたってここプーケットでは、なかなか捕まらないのですけどね。
今は堂々と仕事が出来るのでボス事島風案内人さんに感謝していますね~

そんな僕は、今回のタイ旅行中ビザの更新目的で、
ラオスとの国境のビックリするくらい小さな田舎町
「チョーンメック」に寄ってきました。
夜20時にくらいに訪れたときは、もう町全体が真っ暗、ちょっと怖かったですね。
お腹が減ったのでそこら辺に5,6人たむろす
カラオケのネーちゃんにレストランとゲストハウスの場所を聞く・・。




ついでにちょっと話してみると・・どうやら、この子達ラオス人。もちろんノービザ。
「国境の街で夜の仕事するのは大丈夫?!」って聞くとが
「警察が来ると走って逃げればいいんだ」って
ケロって笑って答えてくれた^^;

あ~ココらへんはこんなんでいいんだ~。
次の日の朝、歩いてすぐの国境線まで行くと、
田舎町に合わないくらい大きくて近代的なイミグレーションの
建物がある。ちょっとドキドキしながら中に入ると
建物は凄いが中はムチャムチャ簡単な造り・・。
早速、窓口でパスポートを見せると、あっという間にハンコ通してくれた。
ここまで早くイミグレーションを抜けたのは生まれて初めてなので正直ビックリ。
建物の反対側に抜けて、策に囲まれた通路を抜けると
ラオス側のイミグレーションがあるワンタオという
町に出る。




ワンタオに着いて更に驚いたのは、
イミグレーションの建物が町の真ん中に立っていて、イミグレーションで
スタンプを押さなくても町は自由に出入りできる状態。
どこが出国側の窓口か、入国側の窓口か探さないとわからない。
聞きながらやっとたどり着いた入国窓口では、
またもやあっという間にスタンプ押してくれた。
そして、「80B!!」っとお金を請求。
ま~しょうがないか~っと思って渡したそのお金が
まさかココ付近では大金であるとはこの時点で全く
わからなかった。




何故なら、イミグレーションの周りの露店では、色々なものが売っていたが、
全て密輸品の物で、
目が飛び出るくらいに安かった。
アルコール類は特に安くて、タイ国内では約500バーツ(1500円)
で売っている「レイジェンシー」という
タイのブランデーがなんと100バーツ(300円)だったり、
700バーツ(2100円)相当する高級なウィスキー
「レッドラベル」が、2本500バーツだったり、
違法CDがたった15バーツ(タイ国内50バーツ)だったり、
化粧水・衣服・オモチャなど日用雑貨なども売っていて、
売っているものは全てタイ国内で買うより数倍安い。




タイ人も買い物をしにくるらしいこの町で、安さに負けて思わず買い物をしてしまった僕。
今度は出国する窓口でハンコを押すと、また80バーツ払うのかな?!と思っていたら、
次は「18ドル(2000円)!!」って言ってきました~^^;
ビックリしてタイ語で聞きなおすと、一気に「50バーツ(150円)」となりました~^^
とってもグレーですね。いったい本当はいくらなんでしょう?!
実は払わなくて良かったり?!色々な考えが浮かびました~。
皆さんラオスのイミグレーションのボッタクリ気をつけてくださいね・・。

タイのイミグレーションに戻るとまたすぐハンコを押してくれて、
今回の僕の国境越えあっけなく終了です。
陸路ですぐに入って帰ってこれるし、
ビザ関係はユルユルなので国境越えするにはお勧めの場所ですよ!!

↓私が大好きなタイランド格安ホテル&口コミ情報↓


スポンサーサイト
2009.08.05 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://thailandnavi.blog135.fc2.com/tb.php/387-02ade8e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。