上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サワディーカップ。ラノーンに遊びに来ている島風案内人です。
プーケット島に住んでいるとお客さんから
「プーケット島は本当に自然が多いところですね~」っとか、
「プーケットって急斜の山と海があって伊豆みたいですね~」っと言われることが多い。
実際ここ常夏の島、南国リゾートプーケットに住んでいるとあまり感じないんですね~。
そんな僕が、ラノーンの街に来て一番驚いたのはその大自然でした~。
さてさて、ラノーンといえば有名なのは「温泉」!っということで、行ってきました~。




泊まっている高級リゾートホテル「ティニディー」の感じの良い受付嬢から
レンタルバイクの借りる場所を聞いて、バイクタクシーを80バーツで手配してもらいました。
150バーツでレンタルバイクをしている旅行会社「ポムズプレイス」へ送ってももらった。
到着すると、「レンタルバイクは200バーツだよ!!」って言われたが、
「150って言っていたよ!!」っと話をしたらやっぱり
150バーツになりました~。ちょっとタイですね~。
タイ語を話していてもやっぱり外国人ってわかるんだな~っとちょっと安心した僕ですが・・。
高級ホテル「ティニディー」宿泊客の値段が150
とすると実際はもっと安いんだろうな~なんて思ったり~。




そんな中「温泉に行きたい!!」っというと
ポムさんは丁寧に地図で行き方を教えてくれました~。
ガソリンを入れて温泉へ~。
ポムズがあるラノーンの中心地区ルアンラートを抜けると
一気に自然いっぱいの山が見えてきます。
プーケットはプランテーションのゴム農園や、
フルーツ農園が多いのでだいたい同じような木々が
生えていますが、ラノーンにくると樹齢100年は
ゆう超えているだろうたくさんの種類の木々が
ゴチャゴチャに生えている。とっても雄大な景色・・。
そんな景色を見ながら山の中に入っていくとすぐに川沿いに温泉がありました~。
温泉が湧き出ているところがいくつかあり、湯気が出ているのを見ると
温泉好きだった自分を思い出しました!




伊豆で仕事をしていた時は毎日行っていた温泉・・。
しかし、残念なことに着替えを持ってくるのを忘れたので、つかることはできず。
代わりにローカルなタイ人が群がる足湯に入りました~。いや~温かいですね~。
少しすると足から身体全体が温まり身体がポカポカしてきました~。
足の裏の怪我も一気によくなりました~。




原生林が生えるラノーンの自然を見ながら浸かる温泉がとっても良かったですよ~。
湯船につかりたい方は着替えを持ってきてくださいネ~。
タイ人と一緒に服のまま入りましょう。
刺激的なビキニなどは避けましょう。旅の疲れがとれ自然と癒されるラノーンの温泉。
機会がありましたら是非一度立ち寄ってみてください。

↓ラノーン・サクサワリン温泉フォトアルバム↓



↓僕がいつも利用するバンコク格安ホテル&口コミ情報サイト↓


スポンサーサイト
2009.10.29 Thu l ラノーン l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。