上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
バンコクオススメホテル予約

プーケットでの交通手段は、愛車のバイク。
普段歩かないので、夜になると足がパンパンになりますね。
今日は、街角の安いマッサージ屋さんに行ってみた~い!
プーケットの様に沢山の自然に囲まれた場所で、
「新鮮な空気が吸いた~い!」「バンコクの古い街 並みも気になる~!」
「ナイトマーケットでお買い物もした~い!」
「バーやクラブも覗いてみた~い!」
「プーケットにはない美味しい日本食も食べた~い!」
なんて、 ちょっとワガママな海中案内人です。
「シーロム駅・サラデーン駅周辺が希望に当てはまるよ^^」
という島風案内人からの助言により、
早速行ってきました!!




地下鉄シーロム駅近くには、緑溢れる大きなルンピニー公園が有ります。
ジョギングやエクササイ ズ、お散歩や昼寝や読書と、
タイ人だけでは無く外国人旅行者や長期滞在者の
憩いの場ともなっています。
近代的なビルに囲まれた都会のオアシスの様ですね。

近くには24時間営業のマクドナルドや外人さんが
絶対に店内にいるスターバックス、タイを代表する高級
ホテルグループとして知られるデュシタニ・バ ンコクが有りました。
地下鉄シーロム駅は、MRTサラデーン駅と連絡路で繋がっていて、
サラデーン駅のあるシーロム通りは、
スクンビット通りと同じくらいバンコクの有名な観光場所でもある通りです。

昼のシーロム通りはビジネス街の顔を持ち、多くのサラリーマンや
OLが忙しそうに行き交っていました。
パリッとしたワイシャツ姿のサラリーマンを久しぶりに見ましたよ。
あ~やっぱり、スーツ姿の男性はタイ人でも日本人でもカッコイイですね!!




そしてちょっとビックリしたのが、夕方のMRTサラデーン駅の大混雑!
日本の通勤ラッシュと全く同じでしたよ^^
海中案内人の住んでいるプーケットにはない光景で、
以前旅行会社で働いていた時を思い出しました!
日が落ちてくる頃には、世界的に有名な歓楽街パッポン通り や
日本人専用のカラオケ街タニヤ通りなどに、
怪しいネオンも灯り始め、露店やゴーゴーバーも活気を見せ、
夜の姿を現し始めます。
正しく微笑みの国、タイ大 国!昼も夜もほほ笑んでくれますね。

パッポン通りの露店は、旅行者向けの通りとなっていて、決して安くは無いですね。
どこにでも売っているお土産物ばか り!!
買い物はせずに雰囲気を楽しむ方が良いかな??
タニヤのビルには日本の100円ショップが60バーツショップとしてあり、
また大戸屋という定食屋さんが有ります。




日本でも若い人に人気ですが、ここタイでも大人気!
でも料金はすっごく高い!
そしてタイ人で大混雑なのには驚きでした!
皆お金持ちですね~^^
そしてタニヤ通りには、吉野家ならぬ牛野屋やラーメン屋さん、おにぎり屋さん…
看板の文字もちょっと古いけど、ここは日本!?と錯覚を起こしてしまいそうな!?
シー・プラヤー通り周辺は古い街並みが残っていて、
プーケットタウンと同じ匂いがしました^^
色々な顔を持つ2つの電車が交わるこの場所は昼夜を問わず楽しめますね!

タイランドのホテルを格安で手配

スポンサーサイト
2009.06.21 Sun l シーロム界隈 l コメント (0) トラックバック (0) l top
サワディーカー!魅力的なタイの首都バンコクにハマりそうな海中案内人です。
バイクも車も人も、プーケット島とは比べられない程沢山走っています~ 
そして夜になると、近代的なビルの明かりや
道路のネオンの灯りがとっても美しいですね!
歩道橋の上から見る景色は散りばめた輝く宝石の様で、
足を止め、ついつい見惚れてしまいます。
でもこの交通量のせい?高層ビルが沢山立ち並んでいる都会だから?
少しでも太陽が出るとムッとしますね。
空気も心なしか、プーケット島の味と違うような気もして、
ちょっと息苦しくなってしまったりも?。
ちょっと気分転換に緑いっぱいの自然が見たくなったので、
ルンピニー公園へ散歩に行ってきました!!




バンコクには、レンタルバイクが無いので
毎日クタクタになるまで歩いています。
やっぱり自然に囲まれた場所を歩くと疲れもどこへやら!?ホッとしますね~^^
周りを見渡すとジョギングやウォーキングをしている人、
サイクリングやストレッチ、読書している人、
デート中の若いタイ人達(平日なのに仕事は!?)、
小さな子供連れの家族がピクニック~っと多種多様
な楽しみ方をしている人を沢山見かけました!




そして、やっぱりここにも健在です!仲良く井戸端会議?
ミィーティング大好きなタイのおばさま方!!
毎日そんなに何を話すの~?と不思議に思いますが、
プーケット島でも良く見られる光景です^^
ルンピニー公園の名前は、お釈迦様の生誕地であるネパール国の
ルンピニから由来されています。
ラマ6世が市民に開放する公園を造成することを決定したようですね。
完成した1942年に南西の正面入り口前、
地下鉄MRT「シーロム駅」1番出口には、ラマ6世王のタイ国で
初の大型銅像が公園を守る様にそびえ立っています。




後ろ姿はとっても男らしいですねー!!
この公園は、東京都千代田区にある日比谷公園の約2倍の広さ!
ラマ7世、内務省、バンコク市と受け継が
れながら十数年間掛けやっと完成。
そんなバンコク最大の公園には、沢山の施設が有りました。
ラマ6世の銅像の後ろには、大きな綺麗な花時計。

子供の遊び場やホール(音楽が聞こえたので、音楽ホールも有るかも?)、
ベンチも沢山!時計台やボートが有る大きな池、
図書館(日本語の本は有りません)やテニスコート、
有料のプールやジムなどなど。
プールは、子供が5バーツ・大人は15バーツ!!
時間は関係無いようですよ^^
(2009年5月現在)有料と言ってもとっても安く良心的!?





多くの旅行者はパッケージツアーを利用しているのが現状で、
航空券+ホテルは旅行会社任せ。
ホテルは、プールやレストラン付きが殆どでしょうから必要ないかもしれませんが…。
地下鉄「ルンピニー駅」方面には、
スアン・ルム・ナイトバザール(ルンピニー・ナイト・マーケット)や
ルンピニー・ボクシング・スタジアム、日本大使館が有ります。
少しだけ、プーケット島の沢山の自然と海が見える景色が、
恋しくなった海中案内人でしたー!!

2009.06.09 Tue l シーロム界隈 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。